Main教える>項目応答理論とは

2008年11月08日

項目応答理論とは

TOEICやTOEFLなどのスコアは、単純に正答数で決まるのではなく、「項目応答理論(Item Response Theory)」に基づいて算出されています。これは、従来の素点方式のスコアと比較してテスト間のばらつきを最小限に抑え、常に客観的で一貫したスケールにより受験者を評価できると言われています。
項目応答理論 - ビジュアル・ウィキペディア

午前正答率とスコアの関係
散布図を見ると、同じ得点数でもスコアがかなり違うことに驚きます。

基本情報技術者合格への近道
上記と同様の散布図があります。(ページの下のほうを見てください)

株式会社教育測定研究所

スコアの特徴 | NPO ELPA [英語運用能力評価協会]

Acquisition of English Grammatical Features by Adult Japanese EFL Learners: The Application of Item Response Theory in SLA Research

Item Response Theory
理論を詳しく(英語)

THE PROMETHEUS SOCIETY


posted by 浅井 晴美 at 23:45|ed | 教える
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。