Main英語を聴く>スピーチを学ぶ

2008年12月22日

スピーチを学ぶ

言葉は、メッセージを伝えるためのものだと思うのです。そして、メッセージを効果的に伝えるために、最も洗練させた言葉が、スピーチだと思います。名スピーチは、聞いているだけで感動を生みますし、なりきりシャドーイングしてその語り口をまねることは、とてもいい練習になると思います。

歴史に残る名スピーチといえば、やっぱりこの演説。




CNN English Express編
Amazonランキング:1位
Amazonおすすめ度:

アメリカ大統領選挙の記事でも紹介しましたが、アメリカ大統領オバマ氏のスピーチはやっぱりメッセージがストンと入ってきます。心から話しているように聞こえます。この本は、オバマさんの代表的な名スピーチの録音CDに、スピーチの対訳と語句リストがついていて、おすすめの一冊です。シャドーイングすると、元気が出ます。

YouTubeへYouTubeの動画集へのリンクです。

ちなみに、オバマ大統領のスピーチライターは、Jon Favreauという1981年生まれの若者です。




鶴田 知佳子、柴田 真一
Amazonランキング:7142位
Amazonおすすめ度:

アメリカ、イギリスのリーダー達のスピーチを収録したCDに、原稿と日本語訳、語句解説にスピーチの構成、人物プロフィールなどが充実しており、スピーチの教科書となりうる一冊です。さすが、通訳者が執筆しているだけのことはあります。ケネディ大統領が冷戦下の西ベルリンで、20万人の聴衆語りかけたスピーチ、サッチャー首相のフォークランド紛争勃発の日のスピーチなど、時代をつくってきた感慨深いものばかり。個人的にはサッチャーの首相就任演説がかっこよく、クリントンの母校でのスピーチが聞きやすいと感じました。いろいろなスピーカーの演説が聞けるのが良いです。CDの最初にある著者のトークが、原稿棒読みだったのが残念。

講演、スピーチへのリンク - 一石二鳥の英語勉強法:外国語広場
英語の講演・スピーチを音声・映像配信しているサイトのリンクや、インタビュー番組を音声配信しているサイトのリンクが充実しています。2002年とやや古い記事ですが、時代を超えて残るスピーチへの著者の思い入れが伝わってきます。

アメリカ大統領 演説・講演・スピーチ:外国語広場
歴代大統領の主要演説のテキスト・音声・映像リンク他、関連情報へのリンクがかなり充実していて、おすすめのサイトです。


posted by 浅井 晴美 at 23:56|ed | 英語を聴く
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。