MainBooks>読書グッズ

2009年05月29日

読書グッズ


この本に出会って以来、三色ボールペンが手放せません。大事なところは青、特に大事なところは赤、自分が気に入ったところは緑、と色分けして線を引いていきます。自分で買った本や教科書を読むときはもちろん、どんな文章でも使える技です。詳しくはこの本を是非買って読み、実践してみて下さい。

Amazonへ KOKUYO タックメモ 付箋
52×7.2mm 100枚×10本


借りた本では書き込みができないので、付箋を貼ると便利です。読みながら気になったところにガンガン貼っていきます。一読した後、剥がしながら読書記録をつけたり、転記したりしていきます。1000枚入りが200円程度で売っているので、惜しみなく貼っていけます。また、読んだところが一目瞭然なので、しおりが要らなくなります。多読オフ会でかのんさんが紹介されていて、さっそく真似しています。

Amazonへページオープナー

読んでいるページを開いたままにしておけるグッズです。食事中に本を読みたい私は、手とお皿で押さえていたりしたのですが、これがあれば便利!

もともと楽譜を開くために売られているものですが、中厚のソフトカバーの本だったら表紙ごと挟みます。ハードカバーの本や分厚い本の場合は、前後のページを挟むことによって開いたままにすることができます。


Amazonへブックストッパー

かのんさんはこちらの錘を使っていらっしゃいました。2個セットで使います。使い方は洗濯ばさみのように挟むだけ、とシンプルで、十分な重さがあるので、どんな本でも使えるでしょう。


posted by 浅井 晴美 at 00:21|ed | Books
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。