MainProfile>私の語学遍歴

2006年02月08日

私の語学遍歴

どうやって英語を勉強したのですか?とよく訊かれます。英語を教えている立場からしても、英語を使えるようになった人の学習法は気になるところなので、私も振り返ってみることにします。

最初のきっかけは小学校のとき、近所の友達が英会話学校に通い始め、私も行きたいと言い出したことでした。マザーグースの歌を覚えながら、英語ゲームで遊び、英語が楽しかった思い出があります。小学校の卒業文集では、将来の夢に「英語の先生」と書いていました。

中学に入り、英語に熱心と言われる学校に入りました。ほぼ毎日、英語か外国人講師の英会話の授業がありました。ただ、中1のときは赤点で補習を受けてたこともあります。それで、中2からは英会話学校にも週2回通いました。辞書をひきまくって、全部の単語にひいた印をつけてやろう、とがんばっていました。

高校のときも、ひたすら学校の授業の予習復習をしてました。英会話学校は外国人の先生が明るくかっこよくて、通うのが楽しみでした。漠然と、アラビア語にも憧れていました。外国語の音の響きや文字が不思議で面白かったのです。

大学は、授業を英語でもやっているところを選びました。国際関係学部だったので旅好きな学生が多く、みんなの発想力と行動力が刺激的でした。アメリカに1年留学しました。行ったのはアメリカでしたが、世界各国の人と友達になれました。

英語を教える仕事を始めてから、いろんなトレーニング法に出会いました。ダイアログ暗記法、音読法、通訳トレーニング、映画、等々。今いちばん力を入れているのは多読です。児童書からMangaから小説まで、読み漁っています。

大学1年で私が初めて行った外国が韓国でした。卒業の時にも留学時代の友達を訪ねてまた行きました。NHKのハングル講座を2年分くらいやりました。でも、ブームの今はもうほとんど忘れてしまったのが残念です。

第2外国語はフランス語です。2回目の海外旅行はパリでした。絵画とワインとチーズが好きなので、おいしいものが食べたいがために勉強しました。セネガルに行ったときにも、役に立ちました。仏検2級を取ろうという目標を立ててから、早数年経ちます・・・。

ドミニカ共和国に行ったとき、ちょこっと勉強した私のスペイン語のレベルでは、地元の人たちと十分にコミュニケーションが取れないことを自覚しました。私の夢は、世界の6大陸にすべて行くことです。残る南米と南極に行くときに備えて、スペイン語を話せるようになりたいんです。スペイン語は音楽中心に楽しくマスターできないかとやり始めたところです。


posted by 浅井 晴美 at 22:57|ed | Profile
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。