MainIT>iPhone+キーボード⇒快適

2010年08月09日

iPhone+キーボード⇒快適

スマートフォンにミニキーボードをつけると、10本指で入力することができ、長い文章でも楽々です。これで、ノートパソコンを持ち運ぶほどでもないけれど、まとまった量の文章を書きたいとき、とても便利です。

去年も同じような記事(アドエス+キーボード=ミニパソコン)で、(Windows Mobile系)スマートフォンにキーボードを組み合わせると、ミニパソコンになると紹介しました。iPhoneの場合、パソコンっぽくなるというよりは、入力が効率的になって、メールやメモが使いやすくなり、用途が広がるという感じです。

iPhoneやiPadはBluetoothが使えるので、コードレスでよりスマートに使えます。多く出回っているBluetoothキーボードに、Apple純正(薄くて安心)や、リュウドの折りたたみ式(JIS配列とUS配列あり)、エレコムやサンワサプライの出している小型キーボード(キーピッチ15.6mm)などがあります。

私は@折りたためて A軽くて Bキーピッチ18-20mm Cミスタイプしにくい配列というところにこだわり、探し続けた結果、Think Outside(買収され現在はiGo)の「Stowaway Ultra-slim Keyboard」がベストという結論になりました。しかし、残念ながらこのキーボードは現在生産停止になっているのです。この製品、再販したら絶対売れると思うのですが、半年様子をみて、iPhone需要で新製品が出るのを待ってみたのですが、これを上回る理想の製品が出なかったので、ネットオークションでDELLの同型OEM製品「XTBT01」を購入しました。

解説サイトへXTBT01を含め、iPhoneやiPadで使えるキーボードの詳しい解説は、以下のサイトがとってもわかりやすいです。
Project92 blog: iPadでBluetoothキーボードを使う





検索サイトへまた、XTBT01は日本のオークションサイトでは出品がかなり少ないので、商品検索にはこちらのサイトを利用し、最終的にはeBayでアメリカの出品者から購入しました。

※2017/8/3追記
iPadを持ち歩くようになって、すっかりキーボードを使わなくなっていたのですが、使い方を忘れそうなので備忘録を追記。
XTBT01を開いたら、Ctr+青Fn+緑Fnを長押しで点灯。iPhoneのBluetoothをつけて表示された数字をXTBT01の青Fnを押しながら入力。日本語入力は緑Fn+£、英語入力は緑Fn+€。


posted by 浅井 晴美 at 14:21|ed | IT
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。