Main英語学習>多読で楽しく英語を使おう

2009年01月29日

多読で楽しく英語を使おう

英語が自分の言葉として自然に使えるようになり、言葉のセンスを磨いていくためには、文章をたくさん読むことが欠かせません。たくさんの文章を読み続けるためには、やさしいものを、自分のペースで、楽しく、スラスラと読むのが一番です。

多読の秘訣は、以下の「多読3原則」です。
1.辞書は引かない(引かなくてもわかる本を読む)
2.分からないところは飛ばして前へ進む(わかっているところをつなげて読む)
3.つまらなくなったら止める(楽しく読めない本は読まない)

どうですか?気楽に始められそうではないですか?

めざせ100万語!多読で学ぶSSS英語多読研究会は、日本の多読学習の先駆者的存在で、中高生向けの多読授業のほか、社会人ブッククラブや相談会、セミナー等を定期的に開催したり、多読通信を発行したり、掲示板やオフ会での交流をしています。

学校英語・受験英語のことは忘れて、楽しく英語で本を読めるようになりたい!という人は、酒井邦秀先生のこども式(ナチュラル・アプローチ)のサイトも覗いてみてください。多読・シャドーイングの良さや情報が満載です。

多読をやってみたいけど、洋書を買うのは高いし・・・という方は、図書館で多読図書(洋書)を「活用」しよう!英語多読者向け図書館・書店マップで、自分の家の近くの図書館を探してみて下さい。各地の公共図書館や大学や学校の図書館に、洋書の蔵書が増えてきています。

amazonへ100万語多読入門
とりあえず、やってみたいという人には、この本がおすすめです。多読のやり方も説明されているし、実際に洋書6冊分とその朗読CDがついているので、いいスタートが切れると思います。





Amazonへ多読・多聴最強ガイド―英語の本が辞書なしで楽しめる!

酒井先生が監修されたこのガイドは、多読を実践している人たちの体験談や、サンプル音源が満載でお買い得です。きっと自分に合うシリーズが見つかるでしょう。

その他の英語多読関連リンク集はコチラ


posted by 浅井 晴美 at 00:30|ed | 英語学習
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。