Main教える>入門レベルのworksheetなど

2008年09月09日

入門レベルのworksheetなど

アルファベットの書き方、フォニックス、基本単語を学習するときに、子供でも簡単に理解でき、視覚的効果のある教材を集めるときに便利なサイトです。

Kitclub
アルファベットのカードやフラッシュカードがたくさんあって、印刷して使えます。Alphabet Activitiesは小学生レベルでおすすめです。

YoungMinds Penmanship Practice
アルファベットの練習に。アルファベットのブロック体筆記体一覧があります。筆記体がきれいでおすすめです。字体が統一されていないのがやや難。

Custom Tracer Pages
tracer pageが自由自在につくれて便利です。児童用で大きく印刷されるので、教材にするときは70%くらいに縮小コピーする必要があるかもしれません。文章を筆記体で書いてもきちんとつなげてくれます。筆記体はちょっとくせありなのと、Fの大文字がTになっているのと、punctuationが入れられないのが玉に瑕。長い文章をつくるときは、Line1にすべて書いてしまうのがコツ。

Teach-nology Phonics Worksheets
ワークシートがたくさんあります。母音のフォニックスがおすすめ。長音と短音の区別ができて、「子音字+e」のルールが自然に覚えられます。

abcteach
会員にならないとすべての教材を使えませんが、無料でも使えるものもあります。センスがよいものが多く、アルファベットフラッシュカードDolch Nouns Wordsearchがおすすめです。

語学教育用クリップアート
代名詞や基本動詞のイラストが無料公開されています。こういうのを探していた!イラストは複数の人から提供されているため、タッチや大きさがさまざまですが、わかりやすいイラストが多いのでおすすめです。英語ページからは、ここの素材を基にして作られたオンラインクイズなどへのリンクがあります。

Free Printable Coloring Pages
動植物から乗り物、アメリカの地図や行事用のイラストまで、2000以上あってテーマごとに探せます。小さな画像を一覧表示してくれるので、探しやすいです。

えいごばたけ | 無料子供英会話教材
単語のフラッシュカードやアルファベットや数字のカードがA4版でそのまま印刷できるようになっています。しかも、センスが良くてかわいいカラーのイラストです。また、児童英語教室で活用できそうな素材がたくさんあって、おすすめです。

Boggle's World
CrosswordsとWord Searchesが使いやすそうでおすすめです。自由作文を教えるのなら、Creative Writingのワークシートを使うと楽しそうです。また、Phonicsは手ごろな単語のイラスト入りワークシートがあり、特にContrasting Close Consonantsはそのまま使えそうです。


posted by 浅井 晴美 at 00:42|ed | 教える
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。