MainBooks>本の読み聞かせ

2008年06月20日

本の読み聞かせ

本は私達の知らない世界へ連れて行ってくれます。好奇心を満たしてくれます。でも、子どもは最初、本を自力で読むのはなかなか難しいので、大人が読み聞かせをしてあげると、とても興味を持って聞いてくれます。力がついてきたら、自分でも読めるようになっていきます。また、自分で読める中学生や高校生でも、読み聞かせをすると意外と楽しそうに聞いてくれます。英語の本は、声に出して読むと、英語のリズムの良さがよくわかりますよ。

読み聞かせのバリエーション
・絵本を見せながら読む
・長めの本を聞かせる
・リピートしながら読む
・声を合わせて一緒に読む
・役を決めて読む
・手遊びしながら読む
・仕掛けを紹介しながら読む
・クイズ形式で読む
・BGMを流して読む
小さな子どもへ読み聞かせをするときや、短いお話であれば、これらを組み合わせるのもよいと思います。いいお話は、何度読んでも楽しいものです。

読み聞かせのコツ
好きな本を心を込めて読む
・はじまりとおしまいをはっきりさせる
・本をしっかり支える
・落ち着いた環境をつくる
・できれば聞き手の様子を見ながらゆっくり読む

読み聞かせをしてもらう
Storyline Onlineでは、プロの読み手が絵本の読み聞かせをしてくれます。動画で読んでいる様子や絵本の挿絵がわかります。字幕もon/off選べます。おすすめのサイトです。


posted by 浅井 晴美 at 00:16|ed | Books
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。