2021年03月13日

授業で使えるオンライン教育サービス

オンラインで使える教育サービスが増えてきました。主に、学校などで使えて、授業の幅が広がったり、効率化できるサービスを紹介します。
続き


posted by 浅井 晴美 at 16:42|ed | 教える

2009年01月30日

高校の学習指導要領の改訂案への私見

文部科学省が2008年12月22日に発表した「高校の学習指導要領の改訂案」(2011年度の新入生から実施)では、「英語の授業は英語で行うのが基本」となりました。
asahi.com(朝日新聞社):「高校英語、英語で教えるべし」学習指導要領の改訂案
この提案に対する私見です。
続き
posted by 浅井 晴美 at 13:09|ed | 教える

授業を成功させる10のポイント

大学の英語科教育法の最終レポートを機会に、まとめてみました。
続き
posted by 浅井 晴美 at 12:40|ed | 教える

2008年11月08日

項目応答理論とは

TOEICやTOEFLなどのスコアは、単純に正答数で決まるのではなく、「項目応答理論(Item Response Theory)」に基づいて算出されています。これは、従来の素点方式のスコアと比較してテスト間のばらつきを最小限に抑え、常に客観的で一貫したスケールにより受験者を評価できると言われています。
続き
posted by 浅井 晴美 at 23:45|ed | 教える

2008年10月15日

ディスレクシアについて

ディスレクシア(Dyslexia)とは学習障害(LD)のひとつで、失読症、 難読症、識字障害、読字障害ともいいます。単語のスペルがどうしても覚えられない、bとd、pとqをよく間違える、話すのは問題ないのに、書いたり読んだりするのがとても苦手、日本語は平気だけど英語がどうしても無理、などの特徴があります。
続き
posted by 浅井 晴美 at 19:19|ed | 教える

2008年10月10日

学習障害・自閉症について

学習障害や自閉症は一定の割合でみられます。本人や家族、周りの人たちがその性質を理解して、上手につきあっていきたいものです。
続き
posted by 浅井 晴美 at 00:23|ed | 教える

2008年09月09日

入門レベルのworksheetなど

アルファベットの書き方、フォニックス、基本単語を学習するときに、子供でも簡単に理解でき、視覚的効果のある教材を集めるときに便利なサイトです。
続き
posted by 浅井 晴美 at 00:42|ed | 教える

2008年02月03日

阿久悠さんのことば

昭和を代表する作詞家、阿久悠さんは、NHKの番組「ようこそ先輩」の企画で母校である淡路島五色町都志小学校の6年生24人を対象に作詞の授業をしました。終了後、阿久さんが生徒達に贈った詩は、ことばの大切さをしみじみと感じるものでした。
続き
posted by 浅井 晴美 at 14:31|ed | 教える

2006年03月12日

発音記号のフォント

英語を教えている人なら、プリントをつくるときなどに発音記号を入れたいと思ったことがあると思います。ところが、Wordには発音記号のフォントが入っていないので、自分で追加しなければいけません。
続き
posted by 浅井 晴美 at 00:55|ed | 教える

2005年06月21日

ノート

ノートをとるのは技術です。ノートをとりやすい板書をするのは先生の技術です。でも、板書されないことばをノートに書き留めるのは生徒の技術です。
続き
posted by 浅井 晴美 at 01:41|ed | 教える

2005年06月20日

中学レベルでのactivity

楽しいactivityは授業を活性化させます。生徒の集中力が高まるし、知識も定着しやすくなります。activityを考えるのも楽しいのですが、他の先生方が考えてくださったアイディアを拝借するのも、授業準備を効率的にするコツです。
続き
posted by 浅井 晴美 at 09:07|ed | 教える

2005年04月09日

教室でのルール

子供のクラスの場合、ルールを決めておかないと、教室がすぐ無法地帯になります。私は以下のようなルールを授業の初日に確認し、守らせています。どれも当たり前なものばかりです。
続き
posted by 浅井 晴美 at 01:05|ed | 教える

2005年03月20日

多動症の子供

落ち着きがない、忘れ物が多い、注目をひきたがる、こういう子供は多動症なのかもしれません。多動症は単なる性格ではなく、医学的にも認知された症状です。さまざまな学習障害(LD:Learning Disabilities)を併発することが多く、情緒も未熟で不安定なため、興奮しやすく、対人関係のトラブルが多くなりがちです。
続き
posted by 浅井 晴美 at 13:42|ed | 教える

2005年03月19日

レベル差がある場合の工夫

生徒の英語力に差があるときは、クラス授業の進め方を工夫しないといけません。
続き
posted by 浅井 晴美 at 23:54|ed | 教える
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。